心で煎れるおいしいコーヒー

2011-10-18

こんばんわ

肌寒さが増してきましたね~
星が綺麗ですよ

今日は最近あった心に響く出来事のお話です

先日、ちょうど一年ぶりくらいにご来店されたお客様がいました

一年前に来られて、コーヒーを飲んだときに
『ここのコーヒーは優しい味がするね』
と言われたのが印象的だったお客様でした

先日、久しぶりに煎れたコーヒーを飲んで
『あなたの煎れたコーヒーは今日の空みたいだね』
と言ってくださいました

その日は雲が無くて、青空のよく晴れた日

しばらくして、二杯目を注文される時に
『今度はさっきと違う味のものを入れてください』と言われたので
違う種類のものを煎れたところ、

『さっきのコーヒーはあなたの自由な心そのものだったけど、今のを煎れる時はちょっと緊張して煎れたんだよね』

と言われて、
びっくり

まさに、その通りだったんです

ご希望の味になるよーにと、ちょっと気を張って煎れたんです

なんで分かったかとゆーと、その方曰く
『水は心を記憶する』からだそうです

私が煎れた珈琲には、私の心がそのまま記憶となって残り、
そのお客様は、それを感じ取ることができるからだそうです

日頃、珈琲を煎れる時はあまり悪いコトは考えず、気持ち良く煎れるよーに心がけてはいるんですけど、

やっぱり、誰だってたまにはチョッピリ悲しいことや落ち込んでる日もありますよね

そんな時は、どんな風に珈琲を煎れたらいいですかと尋ねてみたら、

『それは、常にお客様のコトを想って煎れてあげたらいいんだよ』
と言われました

それなら私にもできそうだ
と思って、さっそく今日煎れる珈琲は常に飲まれるお客様のコトを想って煎れました

そしたら、初めて来られたお客様にも
『おいしかったですまた来ます』
とゆぅ言葉を頂いたり、何より自分自身がすごーく気持ちよく珈琲を煎れられるんです

目には見えない心だけど、お客様にはしっかり伝わるんだなぁと今、改めて実感しています

よく、珈琲の話で煎れる人や調子によって味が変わるとゆぅ話を耳にします

これは、まさに心が記憶された珈琲で、

特別な力がなくても、無意識にみんなが感じている目には見えない心なんじゃないかなぁと思います

疲れた人には、少しでも疲れが癒されますよーに、

元気になりたい人には、元気になれますよーに、

心が重くなっちゃってる人には、少しでも軽くなれますよーに、

そんな想いを心で伝えられるBEANSであり続けたいなぁ
と、改めて思いました。

目には見にくい心のお話を
目の前で見せてくださった、優しい優しいお客さまのお話でした

長々と最後まで読んでいただいてありがとうございます

どんな時でも、みなさんを想って煎れる珈琲をまた味わいに来てくださいね~


Categories: 婦中店
« 前の記事
次の記事 »

ページトップへ戻る

Copyright© 2017 自宅カフェ焙煎珈琲豆ショップ:Beansコーヒー All Rights Reserved.

〒939-2719 富山市婦中町西ケ丘1-11
 電話/FAX:076-482-6866